新潟の旅

2017年になりました。Owndでは旅のまとめ記事などを紹介していきたいと思いますので

【sakura-beautiful's Ownd Sakura's Beautiful Life】もよろしくお願いいたします。

2016年も素敵な新潟の旅をして、新たな発見をたくさんしてきました。

新潟はお米やお酒が美味しいことはみなさん良くご存じだと思いますが、

フルーツの名産地でもあるんだと初めてしました。

新潟の素晴らしいレストランも堪能させていただきました。

また新潟きっての繁華街古町のはずれには、

国指定登録文化財の料亭のある地区もあったり、

かつて新潟港で栄えた文化があったりとみどころもいっぱいです。


■新潟グルメ

フレンチ好きの私ですが、新潟でも素晴らしい美的フレンチとの出会いもありました。
かつて地域の人たちが集まる割烹として使われていていた「魚膳」は、イノベーティブなフランス料理店『Restaurant UOZEN(ウオゼン)』として生まれ変わりました。
外観は和食店、そして田んぼの中の一軒家という佇まいですが、中はモダン。素晴らしいワインセラーにはワインもぎっしり詰まっています。センスを感じる素晴らしいフレンチを堪能させていただきました。

『Restaurant UOZEN(ウオゼン)』

新潟県三条市東大崎1-10-69-8

TEL.0256-38-4179


-----------------------------------------

また日本の新たなオーベルジュを生みだした『里山十帖』。

「早苗響/さなぶり」という夕餐がいただけます。

築150年のダイナミックかつ懐かしい古民家でいただく夕餉は、

「ミシュランガイド関西」3つ星の料理店「吉泉」で修業したチーフ・フードクリエイターと

インドでアーユルヴェーダを学んだシェフ。さらにクリエイティブ・ディレクターであり

オーナーの岩佐十良氏のアイデアでつくりだす地味で滋味な料理です。

ワインは新潟のワイナリー「フェルミエ」「ドメーヌ・ショオ」。

テーブルに並ぶのは、新潟食材をメインに作られた優しい和食とワインのマリアージュ。

メインは、新潟ですから、最上級のコシヒカリです。

炊き立てと蒸したものの2種類を比較していただく楽しみもありますよ。

宿泊者はもちろんのこと食事のみの利用も可能です。


『里山十帖 - created by 自遊人』

新潟県南魚沼市大沢1209-6

TEL 025-783-6777

-----------------------------------------

老舗料亭鍋茶屋の味を気軽に味わえる昼懐石『鍋茶屋 光琳』。

登録有形文化財にも指定された「鍋茶屋」の姉妹店で、美しいお庭を見ながら、

本格的な懐石料理がいただけます。

『鍋茶屋 光琳』

新潟県新潟市中央区東掘通8-1420

TEL.025-223-2015

-----------------------------------------

蕎麦好きが駅構内に本格蕎麦屋を出店した『かねまさ蕎麦津南駅店』。南津南駅には温泉もあるので、電車の時間までお蕎麦&温泉で一休みもできますよ。

『かねまさ蕎麦津南駅店』

新潟県中魚沼郡津南町外丸丁1921-1

TEL.025-765-3337

-----------------------------------------

新潟には美味しいラーメンもたくさんあります。『三吉屋』さんは醤油系のあっさり味。

少し縮れた麺で、程よい硬さ。チャーシューも美味しく仕上がりいくらでも食べられます。

お持ち帰りもあるので、気に入ったら持ち帰ることもできちゃいます。

新潟に行ったら好みのラーメンもいただきたいですね。

『三吉屋 駅南けやき通り店』

新潟県新潟市中央区米山1-6-10

025-241-0937

-----------------------------------------


■新潟の宿

古い建物が大好きな私は、新潟でも古民家を移築した宿に宿泊しました。

ひとつはグッドデザイン賞をはじめとした各種の賞を受賞し、日本全国からこの宿に訪れる

という『里山十帖 - created by 自遊人』。もう一つは三条市にある日本秘湯を守る会に加盟

し、国登録有形文化財の建物と強食塩冷鉱泉を持つ越後長野温泉『妙湶和樂嵐渓荘』です。


『里山十帖 - created by 自遊人』

『里山十帖』は、雑誌「自遊人」を発行する企業が運営している温泉宿。

里山の風景に溶け込み、古民家である老舗温泉旅館をリノベーションし。2014年5月に

南魚沼市にオープンした極上お宿です。「提案型施設」というコンセプトもありますが

古い建物の至る所にあるのは世界を代表する椅子たちです。世界の名品に触れ、快適な椅子

に座りながら懐かしく手入れされた空間に包まれることができます。インテリアショップも

併設されていたり、自由に使えるラウンジがあったりして世界のインテリア好きにはたまら

ない時間が過ごせます。写真はロビー。

入口には巨大な打ち出の小槌が置かれているので、まず新鮮な驚きからスタートします。

この時はメゾネットタイプの露天風呂付のお部屋(201号室)に宿泊しました。

1階がリビング、2階が寝室で、庭にある露天風呂に入れば、穏やかな南魚沼の空気に癒され

ます。もちろん大浴場もあります。トロトロの美容液のようなお店で美肌を目指してみては

いかがでしょうか?

『里山十帖 - created by 自遊人』

新潟県南魚沼市大沢1209-6

TEL 025-783-6777

-----------------------------------------

『妙湶和樂嵐渓荘』

温泉旅館ですが、温泉地ではまく、この地に一軒のみ自然に囲まれた温泉宿があります。

最も象徴的なのが、昭和初期に燕駅前に建設された小川屋旅館の建物を、1955年に移築した

「緑風館」。《国登録有形文化財》に登録されています。日本秘湯を守る会の温泉宿でもあ

り、その泉質は【強食塩冷鉱泉】という超塩っぱい温泉です。「石湯」と「深湯」の2つの貸切風呂もあり、川のせせらぎを聞きながら、干渉されずにゆったりと温泉を楽しめます。

こちらの夕食の魅力は何と言っても山菜会席。素朴で体にしみいるようなお料理がたのしめ

ます。また朝食は強食塩冷鉱泉で炊いたお粥も。温泉を体の中からも取り込める、体がよみ

がえるような温泉宿です。

『妙湶和樂嵐渓荘』

新潟県三条市長野1450

TEL.0256-47-2211 


-----------------------------------------

■新潟観光

あまり時間がなかったのでそんなに観光をする時間はありませんでしたが、魅力的な場所をいくつか訪れてみました。

新潟県随一のパワースポットである『彌彦神社』。「火の玉石」は、地元では「重い軽いの

石」とも呼ばれていて、この石を軽く感じて持ち上げられれば願い事は軽く成就し、

重くて持ち上げられなければかなわないと言われています。

門前は神社のような『弥彦駅』もあり、楽しく「おやひこさま」詣りができますよ。


『彌彦神社』

『彌彦神社』

新潟県西蒲原郡弥彦村弥彦2887-2

TEL.0256-94-2001

-----------------------------------------

『旧齋藤家別邸』

豪商齋藤家の四代齋藤喜十郎が、大正7年(1918)に別荘として造った旧齋藤家別邸は、砂丘地形を利用した回遊式の庭園と、近代和風建築の秀作といわれる開放的な建物で、大正時代における港町・商都新潟の繁栄ぶりを物語る文化遺産です。

『旧齋藤家別邸』

新潟市中央区西大畑町576番地

行形亭(いきなりや)の隣

TEL.025-210-8350


-----------------------------------------

『魚沼の里』

大自然の中に八海醸造が誇る大吟醸造りからレギュラー酒までを 醸造する最新鋭の清酒製造設備から、発酵蔵などお酒を 製造する施設、そば、うどん、スイーツなど を食べられる施設やショップが集まっています。『八海山雪室』は解説付きで案内してくれて雪室文化を説明してくれたり、無料の試飲が楽しめます。メモリアルな焼酎が貯蔵されていて、最長5年間無料で保存・熟成してくれる特別企画があります。雪室熟成の商品や八海山などをお土産として購入することもできて便利な施設です。

『魚沼の里』

新潟県南魚沼市長森


-----------------------------------------

日本海だけでなく、山や温泉なども楽しめる新潟。最近注目の里山十帖や嵐渓荘のようなその地に一軒のみの秘湯など素晴らしい温泉宿もあります。お米や日本酒の産地であることは有名ですが、海の幸、山の幸が充実して、美味しいものもたくさんありますが、最近は有名なワイナリーも登場したり、実は美味しいラーメン屋さんも多かったりして。新潟は上質で大人も楽しめる地だと思いました。


sakura-beautiful's Ownd

0コメント

  • 1000 / 1000